カメラマンで、やる気のある方大募集


by m4bqjueeyl

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 社団法人・日本記者クラブ(斎藤史郎理事長)は23日、毎日新聞東京本社学芸部の梅津時比古(ときひこ)・専門編集委員(61)に今年度の日本記者クラブ賞を贈ることを決めた。授賞式は5月28日の総会で行われる。

 梅津記者はクラシック音楽担当。芸術表現の本質をわかりやすい言葉で追い求めるコラムで定評がある。本紙連載中の「音のかなたへ」は、タイトルを変えながら20年以上も続き、プロの演奏家を含めた幅広い読者の共感を呼んできた。

 また、アカデミズムの研究者に並ぶ学問的業績も上げており、04年には著書「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」で、ジャーナリストとして初めて芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

 今回、音楽の新しい聴き方を長年にわたりさまざまな形で読者に提示し、新聞の音楽評論の分野で斬新な世界を確立したことが高く評価された。

 日本記者クラブ賞は、ジャーナリズムの信用と権威を高めた記者の顕彰を目的に1973年度に創設された。09年度までに43人が受賞しているが、音楽担当記者の受賞は初。

 梅津記者は神奈川県出身。71年入社。校閲部、社会部を経て86年学芸部、97年編集委員。02年には、毎日新聞社が特に優れた専門知識と筆力を持つと評価する専門編集委員の最初の一人になった。

 他の著書に「<ゴーシュ>という名前」「冬の旅 24の象徴の森へ」「フェルメールの楽器」など多数。

 梅津時比古専門編集委員の話 音楽に耳を傾けることは、社会全般の基となる人間の心を探ることにつながるという思いで書いてきました。ジャーナリズムの中でも光の当たりにくいクラシック音楽の分野での受賞は、読者の皆様から励まされたものと思います。感謝のほかありません。

【関連ニュース】
サントリー音楽賞:09年度は指揮者の大野和士さんに
坂田記念賞:毎日新聞大阪本社編集局取材班など表彰
ひと:礒山雅さん 音楽学者がホールプロデューサー20年
小澤征爾さん:8月の長野・松本公演も降板
訃報:横山勝也さん75歳=尺八奏者、東京音楽大名誉教授

仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?(産経新聞)
<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)
舛添新党との連携、橋下知事が否定(産経新聞)
自民・小池氏が離党届提出(時事通信)
<米国>キャンベル次官補訪日へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
[PR]
by m4bqjueeyl | 2010-04-24 16:29
 琳派(りんぱ)の祖とされる江戸時代に活躍した絵師、俵屋宗達(たわらや・そうたつ)が描き、現在は米国にある「松島図屏風(びょうぶ)」を基に制作された複製屏風が、元の所蔵先だった堺市堺区の祥雲(しょううん)寺に寄贈され21日、披露された。

 松島図屏風は、堺の豪商、谷正安から制作を依頼された宗達が当時の大阪・住吉付近の海岸を描写したといわれる六曲一双の屏風。金色の海に、激しい荒波を表現し、宗達作品の中でも評価が高いが、明治時代に日本から米国に渡り、現在はワシントンDCのフリーア美術館が所蔵している。複製屏風はデジタルカメラの画像をもとに伝統技法を駆使し、宗達の筆遣いの迫力をそのままに屏風に仕立てられた。

 ほぼ100年ぶりの「里帰り」となった祥雲寺の那須宗弘住職(60)は「堺にあった貴重な文化財が複製画という形で里帰りできてうれしい。この作品が堺の歴史文化教育に役立てば」と話している。27日から5月9日まで堺市博物館で一般公開される。

GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目−国交省会議(時事通信)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
<歯科医師>自民離れ 党員4分の1に 埼玉の政治団体(毎日新聞)
愛知殺傷、弟2人に事件前「殺して火付ける」(読売新聞)
[PR]
by m4bqjueeyl | 2010-04-21 22:35
 【ワシントン=古森義久】米国上院外交委員会の東アジア太平洋問題小委員会(ジム・ウェブ小委員長)が15日、開いた日米関係の公聴会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題が日米関係全体に悪影響を及ぼすという懸念が表明され、鳩山政権への不満もぶつけられた。

 議長役の民主党ウェブ議員は冒頭、米国の東アジア安全保障政策全体にとって対日同盟が決定的に重要だと強調し、普天飛行場移転とそれに伴う在沖縄海兵隊のグアム移転が「東アジア地域全体の安定を保つことに必要」と述べ、従来の日米合意の実行への期待を明らかにした。

 共和党側筆頭委員のジム・インホフ議員は公聴会には出なかったが、声明を発表し、日本の民主党の対応は「日米安保条約上の誓約の不履行であり、政策ではなく選挙目当ての政治上の便宜に動かされた『安全保障への政治の侵入』だ」と特徴づけて、批判的なスタンスを明確にした。

 証人として登場した米日財団理事長のジョージ・パッカード氏は「日米安保関係はいま決定的な曲がり角にきており、同盟の包括的な再検討が必要だ」とし、普天間問題もその背景で考慮されるべきだと述べた。

 日本経済専門のジャーナリストのリチャード・キャッツ氏は「普天間問題で日米間の摩擦が続くと、経済その他の分野に悪影響が及ぶことを懸念する」と証言し、早期解決を訴えた。

 日本政治研究学者のマイケル・オースリン氏は「東アジアでは中国が関与する領土紛争や北朝鮮の動きなど不安定要因が多く、日米同盟はそれに対応するアジア全体の安定要因となり、普天間問題もその一環として考えねばならない」と証言し、普天間移設が日米合意どおりに解決されることへの期待をにじませた。

【関連記事】
鳩山首相「普天間なんて皆、知らなかった。メディアが動きすぎ」
民主有力筋が激白…小沢は無類のカジノ好き、合法化加速
首相「最大の敗者」との米紙報道「非礼だ」 官房長官が不快感
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
首相「やはり桜は日本」 さくらの女王らが表敬
外国人地方参政権問題に一石

愛知・遺体遺棄 容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認(毎日新聞)
愛知・遺体遺棄 容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認(毎日新聞)
ライター事故 1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
高速新料金制度法案、与党委員長が異例の反対(読売新聞)
中国潜水艦、沖縄沖を通過=公海で艦船7、8隻も−北沢防衛相(時事通信)
[PR]
by m4bqjueeyl | 2010-04-20 00:07
 東京都足立区の宅配ピザ店「ドミノ・ピザ西新井店」で昨年12月、男が約110万円を奪った事件で、警視庁捜査1課と西新井署は12日までに、強盗容疑などで、元従業員で自称会社員の野村恭介容疑者(25)=同区江北=を逮捕した。
 同課によると、容疑を認めているという。
 同容疑者は2002年11月から07年1月の間、ドミノ・ピザで勤務し、同店にも約3年間在籍。店内の間取りを熟知し、開店準備で店長だけが出勤している時間帯を狙ったとみられる。 

平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)
校庭にミカン苗植えた男、威力業務妨害容疑で逮捕(読売新聞)
「考え事していて…」和歌山線でオーバーラン(読売新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」−奈良(時事通信)
免疫細胞の制御遺伝子特定=難病の治療法に道−東京医歯大など(時事通信)
[PR]
by m4bqjueeyl | 2010-04-13 00:50
 6日午後3時30分ごろ、大阪市西淀川区佃6の機械設備メーカー「米盛鉄工所」で、従業員の同区中島1、田畑宗久さん(21)が機械にはさまれ、病院に搬送されたが、腹部などを圧迫されて7日未明に死亡した。

 大阪府警西淀川署によると、田畑さんは鋼板をロールで送り出す機械を試運転中、この機械が急に停止。そのため、ロールが送り出されず、ロールを巻き取る機械に送り出す機械がひっぱられ、田畑さんはこの2つの機械の間に挟まれたらしい。同署が事故原因を調べている。【牧野宏美】

【関連ニュース】
米国:炭鉱で爆発 25人死亡
火災:深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区
火災:塗装工場全焼、出火時は無人 埼玉・戸田
羽田新駅火災:照明器具がショートし出火か
火災:建設中の新駅焼く 羽田空港

納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)
国交省地方局係長、容疑で逮捕=中2女子にわいせつ行為−兵庫県警(時事通信)
新党、5人確保=10日に旗揚げ会見−平沼氏ら(時事通信)
死刑求刑の小泉被告に判決へ=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
鳩山内閣支持率が急落33%…読売世論調査(読売新聞)
[PR]
by m4bqjueeyl | 2010-04-08 01:05
 国の特別名勝に指定されている東京都文京区の六義園で、見ごろを迎えた樹齢約60年のしだれ桜がライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれている。

 今年はほぼ例年通りの3月20日に開花したものの、それ以降寒い日が続いたため例年より4、5日満開が遅れた。そのため、同園では今月31日までのライトアップ期間を来月4日まで延長。高さ約15メートル、幅約20メートルの華やかに枝を広げピンク色の花を咲かせた姿を一目見ようと、多くの人が集まった。ライトアップは午後5時半ごろから午後9時まで。

【関連記事】
LEDの光輝く 神戸ポートタワーで試験点灯
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって
清水寺でライトアップ試験点灯
京都・高台寺でライトアップの試験点灯
東京スカイツリー 2000台のLED照明でライトアップ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<平野官房長官>機密費使途公開「国益にプラスなのか」(毎日新聞)
<平成の大合併>99年以降、市町村数が半減…31日に幕(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】論説副委員長・高畑昭男 「密約以後」に問われる誠実さ(産経新聞)
地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金−宮城県警(時事通信)
東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
[PR]
by m4bqjueeyl | 2010-04-02 23:06